RSS | ATOM | SEARCH
充実した1週間
さて、この1週間は本当にたくさんのご予約ご来店を頂きありがとうございます。身体はかなりクタクタですが、本当に充実した心地良い疲れです。

このご時勢の中、毎月最高来店数を更新できる事は皆様のおかげであり、スタッフのおかげだと思います。

明日1日身体を休めて、また仕事に打ち込んでいきたいと思います。


そんなこんなで最近は面白くないブログ続きですが、見ていただきありがとうございます。







author:美容室アプレ, category:仕事, 18:36
comments(0), -, - -
卒業式
さてさて、今日は朝っぱらから黒ちゃんと2人で卒業式のセットをしにいっておりました。

久しぶりの5時起きでやや眠たいです。

朝方は強い風が吹いていて、せっかくのセットも台無しになってなければいいんですがね。

さて、私の卒業式といえば高校が最後です。理容学校と美容学校と2つも専門学校を卒業しておりますが、どちらも通信過程だったので卒業式はなかったのです。・・・いや、あったのかな?あったけど行ってないだけかもしれません。

なので卒業式に思い入れは全くないのですが、こうして今関わる事ができて嬉しく思います。

皆さん夢や希望をたくさん持って社会に羽ばたかれるのですね。まあ多くの人が




その夢や希望を失いますが




あはは・・・って笑えないですね。まあ美容師に限ってなんですけど、夢破れる人の方が圧倒的に多いですものね。まあ色々な要因があると思いますが、なるべくそういった結末にならないようなお店作りを目指したいと思います。


author:美容室アプレ, category:仕事, 16:05
comments(0), -, - -
確定申告
今日はお雛様。すなわちそれは私の結婚記念日を意味します。これから5年目に突入です。

さてさて、昨日は確定申告に行きました。初めの頃はバタバタ慌ててやっていたのですが、さすがにもう手馴れたものです。

今年も税金を払う事が出来て一安心です。

読者の多くは確定申告には縁がないと思うので、よく芸能人が『確定申告はお早めに』なんてやっててもピンとこないと思います。実際私もそうでした。

でもこれやると本当に良いですよ。自分がどのくらい国に税金を納めているのかが一発でわかりますからね。源泉徴収されてたら実感沸かないですよ。

それが1年分まとめて払ったらそりゃ〜もう太郎ちゃんがんばってよ!ってなりますから。

そういう意味では源泉徴収は国が作った最高のシステムですね。だって国民に税の意識を植え付けないんですもの。税の意識を植え付けちゃったらさあ大変!みんな選挙に行きだしちゃう(笑)。

そしてこれはないだろってのが『予定納税』システム。今年いっぱい税金納めたからって来年もそんなに儲けがあるかどうかわからないっつーの。それなのに来年の分もとりあえず収めといて!ってシステムだからこんな殿様商売ないよね。割引もないし。

ま、グチグチ言っても始まりません。選挙にちゃんと行くしかないよね。


だからって税金は安くなんないけどね(笑)




author:美容室アプレ, category:仕事, 23:55
comments(0), -, - -
心構え
『カットだけであんなにまとまり良くなるんですね!』


12月に初めて来店されたIさんから嬉しいお言葉をいただきました。Iさんの髪質はクセがあって量も多く、すぐに膨らんでしまうのでまとめるしか出来ないのが悩みとの事でした。

実際初めにお会いした時はクセで髪の毛がまとまらずただ膨らんでしまってるという状態でした。今までの美容室では『クセがあるから』『この髪質では』と、なかなかご希望通りにいかなかったようです。

それが前回私がカットさせてもらってから、いつものように毛先が暴れたりする事もなく、どうしようもなくてまとめて過ごす事もなかったそうです。

これは何ででしょうか?

技術的には色々あるのでしょうが、そんな事よりも私は他の美容師よりもちょっとだけ深く考えるからだと思います。

『クセがあるから短く切ると膨らむな』

そう思ってカットしないのがほとんどだとしても、私は

(じゃあ膨らまないようにするにはどうやってカットしたらいいかな)と考えてしまうのです。

『この髪質だと縮毛矯正しかないですよ』

と、多くの美容師さんが言ったとしても

(でもこれでウェーブがあったらかわいいだろうな。どうやったらできるかな?)と考えてしまうのです。

誤解を恐れずに言えば、髪質良くてかわいければ誰がカットしてもかわいくなります。けど、髪が多くてクセが強くて頭の形が悪くてという場合、髪型によってその人の印象はガラリと変わると思うのです。

前者のような場合、『家の近くだから』『安いから』『担当の美容師がかっこいいから』『楽しいから』と言った理由で美容室を選んでも問題ないと思います。私は出来れば後者のような『どこに行ってもダメで今まで諦めていた』そんな人の力になりたいと思います。

私は寝る時以外ほとんど仕事の事を考えています。家に帰っても(あの時ああすれば良かったな)(もうちょっとパーマは強めが良かったかな)(あのカットで上手くまとまってるかな)なんて考えています。嫁には呆れられてますが(笑)

でもそんなのアプレに来るお客様の事を考えたら当たり前です。皆さん『近いから』『安いから』『美容師がかっこいいから』アプレを選んで下さってる訳じゃないと思うんですよね。最後のはわかりませんが…。

市外はもちろん、県外からも本当に多くのお客様に来ていただいております。私はその責任を充分に認識し、日々の仕事に臨んでおります。

そんな中でIさんのお言葉は心のそこから嬉しく、そしてまた明日からの活力になります。そんなお声をまたいただけるよう、日々精進していきます。

長々と読んでいただきありがとうございました。

なんかギャグを入れようと思ったんですけど、書いてるうちに真面目になってしまいました・・・。









author:美容室アプレ, category:仕事, 20:52
comments(2), -, - -
若い力
さてさて今日は予約の入りはいまいちだったのですが、途中から当日の予約で慌しくなりました。明日はいっぱいになったので本当に幸せな気分でお家に帰れます。

そういえばゆったんがアプレに入って3ヶ月くらいになったんですけど、最近調子に乗ってどんどん新しい仕事を任せています。まあ失敗もあるのですが、今の時期は沢山失敗したほうがいいでしょうね。若さで許されるし。

若い時って吸収力がいいから見てても楽しいですわ。先日も久しぶりにカラーの講義をしたんですけど、やればやるだけ理解できてる(っぽい)の。30過ぎるとなかなか頭ん中入ってこないのにね(笑)

技術もそうなんだよね。やっぱ1番吸収するのは20代前半らしいよね。その時にやった事は後々ずっと生かされると思う。逆にその頃に遊んでいるとなかなかその習慣が抜けないんじゃないのかな。

期待をしつつ静かに見守っておきたいと思います。



author:美容室アプレ, category:仕事, 21:02
comments(0), -, - -
スッとしました
3年ほど前にデジタルパーマを導入したのですが、繰り返し繰り返しかけていると、髪の毛が熱変性を起こしてしまって感触が固くなったり、襟足の髪が絡まりやすくなるのが問題でした。

その為にパーマの間隔を空けたり、トリートメントを使用したり、薬剤を変えたりして対応していたのですが、私が求めるレベルにはもう一歩何かが足りなかったんですよね。

そうしてるうちに、要望を出してたあるメーカーからサンプルの薬剤が届きました。新しいタイプでしたのでさまざまな実験を繰り返すうちに、うちのトリートメントと相性が良い事もわかってきました。

そして、感触もカール感もいい感じ。実際すでにサロンでも施術してるのですが、ひとつ壁を越えた感触はあります。これからより良いものへと昇華させて、皆様へとどんどん提供していきます。

この仕事が飽きないのは、日々問題が起きて、それを解決する為の答えがすぐ目の前にあるからですね。





author:美容室アプレ, category:仕事, 23:33
comments(0), -, - -
ちょっと一言
今、CMで『泡で染めるカラー』をやってたの。で、実際にいつも自分で染めてるっていう方が、その泡で染めるカラーを使って染める様子が出てて、

『わ〜!これなら簡単。いつも後ろのほうが染めにくかったんだけど、しっかり染まってるって感じだわ〜』

なんて言ってシャンプーのような感じで頭をカラー剤の泡でいっぱいにしてたんだけど、




「ダメ。ゼッタイ。」



あのね、いつも染めてる人だったら、根元の伸びてきた髪とすでに染まってる髪を一緒に染めるという事は傷むだけじゃなくて、毛先の色が暗くにごってきてしまって硬くゴワゴワした感じになっちゃうんだよね。プロは簡単に言ったら根元は強い薬、1度染めてる髪は弱い薬と使い分けてやってるの。

200歩譲って初めてカラーをする時はそれでもいいかもしれないし、どうしても自分で染めるんだったら、見える部分の根元だけ染めたほうがいいんだよね。だから泡のよりクリームタイプのほうがいいと思う。

実際泡タイプのカラー剤もプロ用として使われたこともあったんですよ。15年前くらいに。でもね、やっぱ塗り分けが出来ないから普及しなかったもんね。

手軽さの裏には罠が潜んでるからご用心。なんにしてもね。









author:美容室アプレ, category:仕事, 08:12
comments(0), -, - -
私の偏った持論
仕事はクオリティーが同じであれば、早いほうが絶対良いんですよね。ルーティンな仕事であればなおさらです。例えば伝票の計算が1時間で1000枚処理できる人と500枚しか処理できない人なら、前者のほうが評価が高いのが当たり前です。

しかし、得てして仕事が遅い人ほど自分の評価が低い理由がわかっておりません。これは仕事が遅いからではありません。仕事を早くする工夫をしていないからなのです。

最初から仕事が早い人は稀です。そこから工夫を重ねて早くなっていくものです。入力が主であれば、ブラインドタッチを覚えるのもそうだし、疲れを溜めないようにクッションを引くのもそうだし、短く時間を区切って(○分後にはここまで終わらせる)と意識するのもそう。

遅い人は(特にルーティンワークの場合)そういった工夫をしないまま、ただ与えられた仕事をこなすだけになってしまってたり、時間が過ぎるのをじっと待ってるような状況になってたりします。悲しいかな(同じ給料ならサボってた方が得だ)と考える人もいるようです。

朝起きて、やる事を計画する。

たったそれだけでもその日1日の行動が変わってくると思います。


私が出来てるかといえば出来てない事が多いのですが、そうなるよう一つ一つ積み上げていきたいと思います。




最後まで読んでいただきありがとうございました。







author:美容室アプレ, category:仕事, 18:02
comments(0), -, - -
ノルマ
あるほうがいいのか無いほうがいいのか。

ノルマを課せられるほうは(ノルマは要らない)と思ってる方が多いかもしれません。私はきついノルマの元仕事をした経験がないのですが、聞くところではノルマを快く思ってる人は少ないようです。

しかし私はノルマはあったほうがいいと思います。ノルマと言ったら負のイメージが強いのですが、目標となんら変わりはないのでは?と思います。


『今月のノルマは15件!』

なんて言われると、(うわ〜そんなにいけるわけね〜よ・・・)と内心思うのですが、とりあえずどうしたものかと頭は働く訳です。

チラシをいつもより多く撒こうか。
電話の件数を増やそうか。
訪問件数を増やそうか

なんてね。こうやって量を多くすると、必ず実績は上がります。しかし、ある一定水準まで行けば24時間という限られた時間では成果は横ばいです。

ここで、誰にも何も言われなかったら(ま、これくらいでいいかな)と思ってしまって自分の実績も能力も上がらない訳ですよ。

でも『月の半ばを過ぎたけどノルマ水準を下回ってるね。どうするの?』と言われれば

チラシを撒くエリアを検証し直そうか。
電話応対のやり方を見直そうか
訪問時間を検討し直そうか。

なんて事も考え付くかもしれません。そうやって考える習慣が身に付けば、自分の能力も実績も上がるのではないでしょうか?

私は一応経営者なのでノルマは無いのですが、たくさん借金も背負っているので損益分岐点というノルマがついてまわります。月末になると、通帳からどんどんお金が無くなっていくので悲しいのですが、それがヤル気の原動力の一つにはなってると感じます。

ノルマに終われて大変な思いをしてる方は多いでしょうが、それを楽しめるようになるといいんでしょうけどね。



がんばってください。応援してます。






author:美容室アプレ, category:仕事, 10:38
comments(0), -, - -
仕事の引き際
陸上の朝原選手、野球の清原選手や王監督。
スポーツ界に多大な功績を残した方が自ら引退や辞任の決断を下しました。

こうして自分で決断出来る人は一部だと聞きます。それはもちろん自分で決断出来ない優柔不断な人が多いという訳ではなく、多くの人は自分の意思に関わらず、所属先から「もう契約しません」と言われる人の方がはるかに多いからです。プロスポーツ選手たちはまだまだ気力、体力が充分でも辞めざるを得ない状況に至ってしまう事が多々あるのです。

私は自営業としてやっているので、自分の意思以外に辞める要素はないのですが、お店を開けてればお客様がどんどんやってくるという時代はとっくに終わっています。

私やアプレが世間から求められなくなったら、あっという間になくなってしまうでしょう。

おかげさまで現在は毎日毎日、本当にたくさんのお客様にご来店いただいております。こうして楽しく仕事が出来るのは皆様のお陰です。感謝しております。

私は皆様に求め続けられる限り、一生ハサミを手放さないでおこうと思っております。お店が発展して、ハサミを置いて社長業に専念するという選択をする方も多いのですが、私はやはり現場で皆様と関わっていく仕事をしていきたいのです。

その為にも毎日成長していき、いつの時代も美容師という仕事を通して、皆様に求められるような存在でいたいと思います。

今日も平日にもかかわらず満席のご予約を頂いております。皆様の期待に応えられるよう精一杯のおもてなしでお迎えいたします。

いつも支えてくださる皆様ありがとうございます。







author:美容室アプレ, category:仕事, 09:08
comments(2), -, - -